M字ハゲが発生する2つの理由



左右の生え際が後退しはじめたらM字ハゲのサインです。剃りこみのような薄毛は男性に多いのが特徴です。M字ハゲは薄毛の進行が比較的早いため、早めの対策が必要になります。ここではまず、M字ハゲの原因について紹介します。

・遺伝、男性ホルモン
M字ハゲは典型的な男性型脱毛症です。毛乳頭内で男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。このDHTがレセプターと結合して抜け毛を引き起こします。

遺伝は男性ホルモンの分泌量、レセプターの感受性などに関係しています。両親や母親の家系に薄毛が居る場合、薄毛が遺伝するケースが多いようです。

・血行不良
血行不良も薄毛の原因となります。生え際部分は血管自体が少なく、血流量が低下しやすい部位になります。さらに、ストレスや加齢、喫煙、塩分、糖分、脂肪分の摂りすぎなどが血行不良を招きます。

M字ハゲ育毛剤を選ぶポイント



・成分が豊富さ
育毛剤選びの最大のポイントは配合成分です。育毛剤には血流促進作用をはじめ、抗男性ホルモン作用、細胞活性化作用、頭皮ケア作用などがあります。

育毛剤に配合されている成分数は一つの目安になります。育毛剤の中には水が殆どを占める商品もあります。有効成分とその他成分をあわせた成分数が多いほど、育毛効果は期待できます。

・価格、返金保証
育毛剤には非常に多くの種類が販売されています。1,000円前後から15,000円程度まであり、どれを選んでいいか分からないかもしれません。売れ筋育毛剤の多くは7,000円から10,000円程度です。値段の違いは開発コストや配合成分などが要因です。

また、育毛剤を選ぶ際は返金保証付きがおすすめです。30日から45日程度の返金保証がついているため、痒み、カブレなど頭皮に合わない場合は返品が可能です。

M字ハゲを改善する育毛成分は?

M字ハゲ対策では抜け毛の原因となるDHTを抑制することが最も大切です。さらに毛根を活性化するためには血流改善成分、細胞活性化成分なども重要になります。

DHT抑制 ヒオウギエキス、オウゴンエキス、キャピキシル、エチニルエストラジオールなど
血流改善 センブリエキス、酢酸トコフェロール、ニンジンエキス、ピディオキシジルなど
細胞活性化 プラセンタ、サイトプリン、アデノシン、パントテン酸カルシウム、ビオチンなど


おすすめのM字ハゲ育毛剤

育毛剤イクオス

約70種類の成分を配合した育毛剤。M字ハゲの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害するオウゴンエキス、ヒオウギエキス、大豆エキスを配合。その他、血流改善作用のあるセンブリ、ニンジン、天然ビタミンE、細胞活性化作用のあるM-034、アミノ酸なども配合してます。

サプリメントには46種類の栄養分を配合。DHTの発生を抑えるノコギリヤシ、毛髪の成長をサポートする亜鉛、ミレットエキス、イソフラボン、フィッシュコラーゲンペプチドなどの栄養分をたっぷり。抜け毛予防の薄毛対策を内側からしっかりと生え際の育毛をサポートします。
6,980円 送料無料 45日間返金保証

チャップアップ

育毛剤に約80種類の成分を配合。血流改善作用のある生薬エキスをはじめ、炎症を抑えるグリチルリチン酸、かゆみを抑えるジフェンヒドラミンHCを配合。さらに、頭皮を保湿する植物エキスもたっぷり配合し、生え際の育毛を促進します。

チャップアップサプリには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシをはじめ、タンパク質合成をサポートする亜鉛を配合。さらに、血管を拡張する作用のあるシトルリン、代謝を活性化するマカ、αリポ酸なども配合し、M字ハゲ対策をサポート。
9,090円~ 送料無料 30日間返金保証

フィンジア

フィンジアにはキャピキシル、ピディオキシジルを配合。キャピキシルには5αリダクターゼを阻害するアカツメクサエキス、代謝を促進するアセチルテトラペプチドを配合。ピディオキシジルは血流を改善し、M字ハゲの改善をサポートします。

その他、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸2k、ボタンエキス、ビワ葉エキス、活性酸素を阻害するキハダ樹皮エキス、代謝を促進する褐藻エキス、パンテノールなども配合。
9,980円 送料640円 30日間返金保証



育毛剤の使い方、ポイント



●シャンプーで皮脂を取りすぎない
皮脂を取りすぎると、補うために過剰に皮脂が分泌されて毛穴詰まりの原因になります。その結果、育毛剤の浸透が妨げられて育毛剤が十分に効果を発揮できません。

シャンプーは皮脂を取りすぎないアミノ酸シャンプーがおすすめです。アミノ酸洗浄成分は頭皮の皮脂を取りすぎることなく汚れを吸着し、フケや痒みなどを抑制します。

●1日2回、しっかり塗布する
育毛剤は1日2回、朝と夜にしっかりと使用します。お風呂上がりは髪の毛と頭皮の水気を良く取り、10~15プッシュを目安に使用。薄毛部分に塗布したら指の腹でしっかりと馴染ませます。

●使用後はマッサージ
育毛剤を使用後はマッサージを行います。まずは指の腹で頭皮を軽くつまみあげるようにマッサージをおこないます。ツボを押さえたマッサージもおすすめです。

両耳から頭頂部への延長線上にある交点に「百会」と呼ばれるツボがあります。後頭部の首の付け根から頭頂部に向かって指をすべらせ、指が止まるところに「風池」があります。百会、風池のツボを円を描くようにもみほぐすことで血行促進をサポート。

進行したM字ハゲには治療薬



M字ハゲが進行している場合、クリニックでの治療があります。クリニックでは医薬品の処方や頭皮注射、植毛などの薄毛治療が行われています。ここでは主な薄毛治療法について紹介します。

・フィナステリド、ミノキシジルなど(推奨度A)
クリニックではフィナステリド、ミノキシジルを配合した内服薬を処方しています。フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防止する効果があります。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血流を改善します。さらに、毛母細胞を活性化するIGF、血管を新生するVEGFなどの成長因子を産生して毛髪の成長をサポートします。 男性型脱毛症ガイドラインでは最も推奨度の高い薄毛治療です。

・頭皮注射(推奨度C2)
発毛促進カクテルを頭皮から注入するメソセラピーが注目されています。発毛促進カクテルには毛母細胞を活性化しる成長因子やヘアサイクルを改善する成長因子、血流改善作用のある成長因子などが含まれています。 これらの成長因子を注射やエレクトロポレーション、MEDJET(ノーニードルメソセラピー)などを使用し、頭皮からダイレクトに注入します。毛根にしっかり届きます。ただ、現時点では有効性は十分に検証されていないため、脱毛症ガイドラインでは推奨されていません。

・自毛植毛(推奨度B)
自毛植毛は後頭部の毛包を薄毛部分に移植する治療法です。後頭部の毛包には男性ホルモンレセプターが存在しないため、DHTが発生しても安心です。

自毛植毛にはメスを使うFUT法とメスを使用しないFUE法があります。最近ではメスを使わないFUE法が主流になっています。後頭部の毛包をくり抜き、薄毛部分にホールを開けて植え付けていきます。密度の高い植毛が可能で、術後の痛みも軽減されます。 フィナステリドやミノキシジル治療でも効果が出ない場合に推奨されています。



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ